FTR223に乗って

山形県を旅するブログ

東京モーターサイクルショーで中免旅バイクを探す

f:id:sukesan1107:20180323234554j:plain

仙台ではモーターショーが開かれてもバイクは3台しか展示されないのに、東京では毎年500台以上のバイクが展示される催しがあるらしい。

f:id:sukesan1107:20180323224911j:plain

東京モーターサイクルショー...(大塚明夫風)

それは、国内外の様々なバイクメーカーやパーツサプライヤー東京ビッグサイトで一堂に会するバイクの一大イベント。普段よく見るバイクも珍車もよりどりみどり。果たして運命の一台との出会いはあるのだろうか...。

気になったバイクを紹介していきます。

中免旅バイクを求めて

ホンダ

SUPER CUB C125

f:id:sukesan1107:20180323234554j:plain

おぉ?いつからお前...そんなにスタイリッシュになったんだ...?

f:id:sukesan1107:20180323234831j:plain

あ!俺知ってるぜ!ディスクブレーキ、倒立サス、キャストホイールってヤツだろ!

f:id:sukesan1107:20180323235123j:plain

f:id:sukesan1107:20180323235404j:plain

おまけにメーターはデジタルかよぉ~^(ご満悦)

素直に欲しいです(真顔)

CROSS CUB 110

f:id:sukesan1107:20180323235737j:plain

相変わらずかっこいいし2台目候補なんだよなぁ。

SUZUKI

V Strom 250

f:id:sukesan1107:20180324001109j:plain

これもロングな旅にはぴったりなバイク。

やっぱパニア付けると2まわりぐらい大きく見えるよなぁ。

f:id:sukesan1107:20180326174326j:plain

跨ったポジションも体が直立して疲れにくそう。シートも適度に柔らかくホールド感があります。

ホイールもキャストなのがうれしいところ。

ただシート高800mmは、身長170で胴と足の長さがどっこいどっこいの私には少し高いのでした...(;´д`)トホホ…

あと個人的にはメーター横のDCソケットもとっても好き。デフォルトで装備してるバイクって他は知らないゾ。

f:id:sukesan1107:20180326175040j:plain

そういえばスズキファンRIDEフェスタ試乗会っていうのが全国で開催されるらしく、一番近いのはスポーツランドSUGOで4月30日。V-Strom 250(正式名称DL250)もラインナップされて、中免でも半分ぐらいの試乗車に乗れるので今年は行ってみようかな。

www1.suzuki.co.jp

Kawasaki

VERSIS X 250

f:id:sukesan1107:20180326180255j:plain

f:id:sukesan1107:20180326180353j:plain

最近乗ってる人が増えてきたような気がするVersis X。

エンジンガードやフォグランプなどのオプションガン積みも強そうでかっこいいし、パニアも合わさってもはや250のサイズではないです(誉め言葉)

これだけデカければ色々積んでキャンプとか行けそうだし、写真映えはいいし所有欲が満たされるし、タカキも頑張ってるし、俺も頑張らなきゃ(貯金)。

KTM

390 DUKE

375㏄単気筒という日本にはないサイズのエンジンは43馬力を発揮し、高速走行もお手の物。また乾燥重量149㎏とかなり軽く取り回しもいい。

お値段も60万円台なのがうれしいなぁ。f:id:sukesan1107:20180326183222j:plain

f:id:sukesan1107:20180326183408j:plain

f:id:sukesan1107:20180326183442j:plain

なんといってもこのメーターとコントローラーがイイ!

KTM MY RIDEシステムを搭載したソフトウェアは、スマートフォンと接続し、電話や音楽再生などをハンドルバーについた十字キーで一括管理・操作できるのです!

やっぱりバイクに乗っていると、スマホを確実に操作するにはグローブを外さなければならないし、ヘルメットにつけたインカムで電話や音楽を選択することはできるけど少し煩わしい。

それが両手をハンドルから離さず手元でできるのはとても魅力的。

KTMDUKE系列は日本向けの250を除いてカラー液晶を搭載していて、乗車時の利便性をさらに高めています。

国産にもGoldWingに搭載されているAppleCarPlayなど、ライディング時にスマホのベストな操作方法を選択できるバイクはありますが、まだまだ少ないのが現状で、これからさらに増えてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

ただ顔がね...

好み分かれるよなぁ...。

f:id:sukesan1107:20180330235720j:plain

んでもってエンジンも単気筒なので、多気筒のようなメカメカサウンドは...お預けです...(つд;)

www.youtube.com

その他面白かったブース

ホンダ

PCX ELECTRIC

f:id:sukesan1107:20180323233350j:plain

f:id:sukesan1107:20180323233559j:plain

取外し式のバッテリーモジュールが2つ搭載されていました。モジュール式バッテリーのスクーターは台湾KYMCOも出していたし、EVの風はバイクにも吹いている。

メットインスペースを利用するので、スクーターらしい収納力が失われてしまうのが少し残念ですが、これも進化の過程として受け入れるべきなのかも。

これを皮切りに、様々な用途、サイズのバイクでEVモデルが出てほしいものです。EV化キットなんかも出てくれると嬉しいですね。

KYMCO

Many EV

こちらも取外し式バッテリーを積んだスクーター。

メットインを収納とバッテリーの両方に使い分けることができ、収納として使った場合は航続60㎞、バッテリーを積んだ場合は200㎞走れる、とされていました。

状況によって使い分けができるのは面白いですね。

f:id:sukesan1107:20180329140025j:plain

f:id:sukesan1107:20180329140115j:plain

EVバイクの整備状況に関しては台湾に軍配が上がるようで、バイクバッテリーモジュール用充電スタンドなど、EVシフトの具体策はかなり進んでいました。

Ural

軍需工場が源流のロシアのバイク&サイドカーメーカー。

元々が軍用車両で今でもそのデザインを踏襲しているので、異形の水平対向2気筒エンジンに無骨なサイドカーを付けたバイクは無骨で燻し銀のかっこよさがあります。

f:id:sukesan1107:20180329134732j:plain

f:id:sukesan1107:20180329134746j:plain

f:id:sukesan1107:20180329135153j:plain

ロマンの塊だわなぁ。

Webオートバイ

自分のバイクが美少女だったら...というバイク乗りなら誰もが一度は考えたこともある(かもしれない)妄想を漫画化したちょっと変態チックな展示がありました。

私 は 好 き で す

f:id:sukesan1107:20180326192656j:plain

セリフ回しが00年代2chのようだ...(;^ν^)

f:id:sukesan1107:20180326192703j:plain

www.autoby.jp

おわりに

いろんなバイクが見れてとても満足。海外メーカーなんて店に入るのも躊躇しちゃうからこういう機会に触れられてよかったです。

あ、でもこのイベント

1人より2人の方が楽しい場面が多そうだゾ...。

跨ってる様子を撮って撮られて短足を煽ったり()とか、一緒にオフ車チャレンジ(そういうのもあった)をできる仲間がいると楽しいと思いました(真顔)

f:id:sukesan1107:20180329133821j:plain