FTR223に乗って

山形県を旅するブログ

ヘルメットの模様替え!

f:id:sukesan1107:20180317144105j:plain

3年前に買ったヘルメット、ぶつけたり、こすったりと、

f:id:sukesan1107:20180310202849j:plain
ぼろっちくなっちゃったなぁオイ

いい機会だし、ヘルメットの塗装、やってみっぺ!

 

使ったもの

  1.  ペイント ボデーペン プラサフ 70 [HTRC2.1] SOFT99 ( ソフト99 )  08003 [HTRC2.1]
  2. アサヒペン アクリルスプレー 艶消し黒←ホムセンで200円ぐらい
  3. アサヒペン アスペンラッカースプレー 420ML ツヤ消しクリヤ←900円
  4. アサヒペン アスペンラッカースプレー 420ML ツヤ消し白←900円~
  5. #180、#320 サンドペーパー
  6. #600 耐水ペーパー

始める前に・・・

今回上で挙げたような道具を使いましたが、「2」の200円の安い艶消し黒と、「3や4」の900円のちょっと高めの艶消し白、使い比べると足つき、色ムラ、垂れやすさなど明らかに高い方が良く、ヤスリやプラサフをかけずとも塗装できました

塗料を全てアスペン ラッカースプレ―で揃えれば事前のやすり掛けやプラサフもいらないかもしれませんね。

塗装の流れ

一応やすり掛けとプラサフの工程も含めます

①下地を作る

塗装が乗るように#180のサンドペーパーでヘルメットの表面を削っていきます。

クリア塗装がされている場合はつやがなくなるまで削ります。

f:id:sukesan1107:20180227223809p:plain

②マスキング

マスキングテープとチラシとかで色を付けたくないところにはマスキングします。

③プラサフを吹付け

プラサフには上に塗る塗料の色ムラ、剥がれを抑える効果があります。

パーツクリーナーでヘルメット表面の汚れを落としてから吹き付けます。

最初はムラが出たりはじかれたりしますが、乾くのを待って何度か吹付けていきます。

f:id:sukesan1107:20180227224918p:plain

最終的にはこんな感じになりました

f:id:sukesan1107:20180227225216p:plain

④乾燥

とりあえず1時間~3時間ぐらい寝かせればイインジャナイ?(適当)

天気や気温に大きく左右されます。

⑤穴埋め・プラサフ足付け

キズはパテで埋めて、パテが乾燥したら#600の耐水ペーパーでプラサフ・パテ共々平滑にしちゃいましょう。

⑦艶消し黒・クリア吹き付け

垂れないように何回かに分けて、20㎝ぐらい離して吹き付けます。

1~2時間おいて、黒が乾いたら艶消しクリアもまんべんなく吹き付けます。クリアが乾けばこすっても剥がれない塗装面ができている...はず。

⑧艶消し白吹付き付け

イイ感じにマスキングして、白を吹き付けます。

シールドアームも白塗りにしちゃいましょう。

⑨全体にクリア吹き付け

マスキングをとったら、全体にクリアをかけ、白と黒両方の塗装面を保護して完成です。

⑩お好みでステッカーなど

せっかくAraiのヘルメットなので、Araiのステッカーでも貼っておこう。

額部分に貼るなら大きさ的にコレがちょうどいい。

アライ(ARAI) スコッチマーク 1590 (旧品番:1590) 121590

アライ(ARAI) スコッチマーク 1590 (旧品番:1590) 121590

 

 

できた!

お?結構かっこいいんじゃね?

始める前今までの塗装を上書きしてしまうのにためらいましたが、終わってみればキズも埋まり模様も意外とかっこいい。

この前の酒田ツーリングで200キロ走ったときも、塗装剥がれや溶け落ちもなく、また帰宅後にパーツクリーナーをかけて拭いた時も全く問題なくキレイにすることができました

まとめ

長年使ってスレてしまったヘルメット、買い替える前に一度塗装してみてはどうでしょうか!